OAフロア
 床工房
天然床材特集
株式会社 カンキョウ
HOME
材料のみ希望  OAフロアの
 種類と仕様
問合せから施
工までの流れ
天然床材
床下配線タイプ
の施工の様子
溝配線タイプの
施工の様子
支持脚タイプの
施工の様子
床下配線タイプ
性能一覧
溝配線タイプ 
性能一覧
標準スチールパネ
ル性能一覧
ITリースパック
施工実績
Q&A
お問合せ
オリコローン
協力会社募集
プロフィール


パネルタイプの施工の様子
                                                    
(注:現行品とはデザインが異なっています)


こちらの現場はある駅前ビルの一室。
少し年数のたったビルで床のPタイルが割れて所どころ剥れていました。こんなに床がガタガタでもパネルタイプは大丈夫。こんな床にこそ威力を発揮します。
パネルをっかり支える脚です。
墨打ちされた床に則正しく脚を並べていきます。
レベル棒を使い全ての脚がじ高さになるように、一つづつ調整していきます。
高さの決まった脚は高さが変わらないようにンマーで固定します。
そしてつづつノリ付けをします。
打ちしたところに脚を固定していきます。
脚にパネル2枚をに合わせて乗せたところです。
脚にパネル4枚を乗せたところです。
パネルをスでしっかり固定します。
パネルをきこんでいきます。
配線取り出口の蓋を閉めます。
(この蓋は後で配線を変えたりするときに容易に開けることができます。)
しっかりってスロープ施工の為の印を付けます。
そして通りに墨打ちをします。
墨の通りにロープを施工します。
框(かまち)も墨のりに置いていきます。
一枚づつ測りながらパネルに工線を入れていきます。
加工線通りに場でパネルを加工していきます。
寧に加工していきます。
壁を傷付けない様に切り口にッションゴムを付けていきます。
この様な梁の部分もっちりと収まりました。
ドア部分のかなりいびつな箇所ですが、このような細かい加工にもきっちりと応します。
カーペットの為の打ちをします。
スチールパネルに付けをしていきます。
墨にってカーペットを貼っていきます。
一枚づつ墨に添って寧に貼っていきます。
勿論、カーペットも一枚づつ現場でりながら加工していきます。
周りもきれいに仕上がりました。
床から突き出た支柱周りもきれいで自然な感じにがりました。
部分も完成です。
框のーナー部もピッタリきれいに仕上がりました。
成です。(カーペットは1色ですが、向きを変えて市松模様に見えるように貼ってあります。)